ポット植え苗木はいかが?

ブドウ苗木
不織布ポットでハウス内育苗した接ぎ木苗(写真手前)

手前の不織布ポットに植えてあるものは昨年試験的に自社にて接ぎ木・育苗したものです。(奥の果樹用黒プラスチック鉢に仮植えしてあるのは、今春業者さんから購入したもの)

次の写真は、購入した同じ1年ものとの比較です。新梢の太さは、手前のポット苗も遜色なく実用に耐える品質。根長はさすがに本州の露地ものには敵わないですが、根量が豊富になる※この生分解性不織布ポットごと納品させて頂き、定植可能となれば、市販化を検討します。ただコスト的には、資材としてポットの仕入分が料金に加わりますので、その価格設定にご了承いただくことが前提となります。
ハウス内育苗にも使用しているこの不織布ポットは、苗木ビジネスが盛んなアメリカ・オレゴン州のメーカー、Rootpouch。原料には資源ゴミであるペットボトルが再利用されており、しかも生分解性のもは土に埋めれば3〜4年で分解されるのでとてもエコロジーな資材。当社の事業ポリシーの一つである“地球環境への負荷をできる限り小さくする”という理念に基づき、石油化学製品の使用を抑え、いかにサステイナブルな事業構造にするかも大事な要素となっております。

※一般的なポリポットに比べ、通気性に優れるため根量が豊富とのこと。

奥の一般的な接ぎ木苗の新梢太さと比較しても遜色ないポット苗。写真手前
品種ゲヴェルツトラミネール、台木は5C。

接ぎ木苗を購入された方であれば、ご存知の通り露地で1年間養成されて掘り上げられた苗は、確かに太い主根(着地根)の根長は20センチ以上あるものの全体的なボリューム感である根量はさほど無いことにお気付きのことと思います。スカスカと言うと、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、意外と一本あたりのふさふさ感はありません。
一方で、rootpouchで育てたリースリングの接ぎ木苗が下の写真です。

2019年4月に接ぎ木し、同年10月に根の状況を確認したところ根長は10〜15cmほど。仮説ですが、ボリュームも十分ですから定植後の土壌水分吸収も容易にできると思われます。しかも、葡萄畑に定植される際もこれくらいコンパクトな根鉢であれば作業も楽でしょう。ちなみに使用した鉢の大きさは、1リットルサイズです。ただし、通気性が良い分乾きやすいですから、ハウス内では水やり管理を徹底します。

イチゴ苗の育苗設備更新

2013年から始めた「すずあかね」というイチゴの苗づくりも今年で7年目。ハウス内のインフラが大分老朽化してきましたので、今年は苗床基礎と給水設備、天面や裾のビニールや防虫ネットの張り替えを実施。苗定植まで作業に追われる日が続きます。

資材を美唄市農協さんへ引き取りに。レンゲ畑が綺麗です。

畑の巡回 5/16/2020の様子

フォローしているFacebook上では、数日前から余市や仁木町の葡萄畑、ワイナリーの萌芽お便りが届き始めています。台木の採取以来、まったく足を運んでいなかったサテライト圃場(通称 Hokkaido Pine Ridge Vineyard) の様子を見に行って参りました。以下写真でご報告します。

山葡萄
畑の脇に自生する山葡萄。葉が開き花芽が見えています。
リパリア
台木の中では、一番早く出芽するリパリアの芽。
ツヴァイゲルトレーヴェの芽の状態
十勝ワインさんの山幸。芽吹きの早さはさすがです。
生食用ブドウの芽の膨らみ。ピンクがかっています。
元々植っていたもので、樹種不明。実がなってみないと分からない。

早々にも第一回目の株元の草刈りをしなくてなりません。

肥料焼けその他からの回復力

復活した挿し木
生育不良で廃棄寸前の穂木を挿し木

挿し木後1〜2ヶ月前後の幼苗木にとっては、規定の希釈倍率以上に即効性液肥を薄めたとしても、生育ステージ初期ということで肥料焼けを起こすことが分かりました。発根発芽を促す最初の期間を、バーミキュライト主体の無肥料培地で1ヶ月ほど温存されていて、ようやく数枚の展開葉が現れてくると、ついつい焦って肥料を与えて早く大きく育てようと欲が湧いてきます。しかし、養液灌水後の土壌溶液濃度が発根したての根にとって濃すぎる場合、土壌→根細胞に染み込む浸透圧のバランスが崩れてしまいます。つまりは、根から培地へ水分が逆流し、水が吸えないことから新葉がてんぷら油で揚げたパリッパリの大葉のようにしわくちゃになってしまう失敗(肥料焼け)を経験して生まれた標語は、上の写真 “NO Chemical Fertilizer” at this time!

肥料焼けの現象は、初期の段階では葉が下方裏側に内巻きになり、その後、先端部からの新芽展開葉がちりぢりになって開きます。恐らく酷いものだと成長点組織細胞が脱水状態となり退化、そこで成長がストップしますがすぐ下の節間から新しい芽が出て来ますから、焦る必要はありません。失敗も2度経験しますと確証に変わります。なお、肥料焼けは緩行性の粒状肥料でも起こりますから、挿し木後2ヶ月以内は控えるのが無難で、追肥するにしても相当薄めて与えるか、鉢上げの段階で肥料成分入り培養土のみにするのがよいと考えます。乱暴なことを言いますと、栽培専門書などでは基本的にブドウにはあまり肥料をやるな!ということが書かれているわけですが、果実を採るためのブドウ栽培と苗木を育てるための肥培管理や育て方というものは、やはり得たい結果が違いますから、当然プロセスも異なるわけです。今後は要肥料設計という課題が産まれました。

ちなみに、この鉢の穂木は発根・発芽の後期に、芽の徒長を防ごうと思ってLEDライトを近接照射したところ、思いのほか発熱する器具であったためその熱で芽を焼いてしまったものです。廃棄するか迷いましたが、もったい無いので、適当なサイズのポットにて寄せ植えして養生を試みたところ、さすが遅霜などで主芽がやられてしまっても副芽が主芽並みに旺盛(着果数量、品質共に)な品種という解説の通り、鉢上げ後数週間で見事ある程度復活しました。

外部環境にいじめられても打たれ強く、相当強健な性質の持ち主であることが分かるのも育ててみて実感できるものです。既存の欧州品種では難しいであろう今後の気候変動にも適応できる気がいたしますので(極端な暑さ・寒さ、多湿によるうどん粉病の発生、積雪不足)寒冷地とりわけ北海道のワイン葡萄栽培にとっては明るい未来が約束されたようなものと妙な自信が湧いてきます。育苗しやすいということは、苗木の需要増加にも対応しやすく、またぶどう生産農家の方にとっても栽培管理が容易で(さほど神経質にならなくても)しかも高品質なバリエタルワインが造れる品種となれば、産地貢献という事業発足のミッションを高次元で達成できるのです。

今回育苗初期の段階で、その適応力・生命力の強さに感心させれたわけですが、副芽のバイタリティがすごく、さらに頂点の芽がやられてもすぐに見切りをつけ副枝が出てきて、頂芽が退化するのを横目に、やがて立派な主枝を形成する軌道修正力、強かさは素晴らしいとしか言いようがありません。副枝が出るという特性は、どの品種でも同じかもしれませんが・・・。

自身の備忘録代わりも書いてますので、間違った解釈、専門的だったり表現が周りくどく読みにくい部分もあるかと思いますが、何かしら価値観を共有して下さる方がいらっしゃれば幸いでございます。

まだまだ細いが、順調に挿し木育苗中。
ポット養成中の試験栽培品種

かつての生食用ブドウ園地の整備

先週は、接ぎ木作業が終わり少しホットしていたのも束の間、本業に関わる季節的作業の段取りや調整、コロナウイルスの緊急事態宣言が全国に広がったことで、職場対応に追われていた。幸いにも課長達が素早い判断と持ち前の実行力を発揮してくれたお陰で事なきを得た。また全社員のこのような状況下における協力、頑張りには感謝してもしきれない。

さて、二十四節季でいうところの穀雨にあたる4月19日は晴れて気持ちの良い春の陽気であった。そして暦の通り、翌日の4月20日正午過ぎからポツリポツリと降り出した雨は午後2時を過ぎると本降りになった。

雨が降る前に、昨年から少しづつ手入れを始めた古木の園地を整備したくて畑へ足を運んだ。以前こちらで葡萄栽培をされていた方が亡くなった後は、しばらく放置されていたようで枝は野放図に伸びていた。背の高い雑草に埋もれ、枯れてしまった樹齢およそ20年以上と思われる幹へ、畏敬の念を抱きつつもノコギリの刃を入れさせて頂く。先人の努力と注がれた愛情の分だけ、幹は太くたくましかった。根本付近は枯れていたが、伸びた新梢が地面に着地したところから根が地中へと潜っており、引きはがすのに少々の力を必要とした。必死で生き残ろうとしていたブドウの生命力がなんと強いことか。一部太くなった枝を切断したあとしばらくすると、樹液が滴り落ちた。一見枯れたと見えたその枝の、ブドウの涙と呼ばれる透明な雫を見てしまうと、なんだか可哀想なことをしてしまったようで、切ない気持ちになる。

先人への敬意を払い、一部の古木から芽を生かしたいと思っている。伸びた枝から着地根が出ているものは、そのままにしても良いだろう。付近には新しい苗木を植えることになるが、新旧のブドウが共生しながら融合する樹園地の設計図を描いている。

雨が降る前に枯れ枝の整理とクローバーの播種が間に合ってよかった。当面は、苗木生産圃場として整備運用する予定であるが、アポイント制で、葡萄栽培家やブドウ生産者向けの見本園、交流・意見交換の場にできればと思っている。

接ぎ木作業

今年もお陰様で、接ぎ木作業を無事終えることができました。冬前に穂木を剪定し、冷暗所で保存しておりましたが、今年は穂木の保存状態がとても良く(接ぎ木作業直前の枝切り口の緑が鮮やか)、発根・発芽率が昨年と比較してどれほどか、結果が楽しみです。

特に北広島市郊外の自社畑で育てた台木と穂木の接ぎ木苗(北海道の寒さで鍛えた台木と穂木)の生育に注目です。#Hokkaido Grown

樹液の玉

 フィロキセラ耐性のある品種を自根挿し木育苗しています。加温容器や室温常温管理下で発根・発芽し、無事鉢上げ工程まで進みました。

 現段階では、数節伸びて、葉裏や新梢の表面には透明で光り輝く小さなプチプチした玉が現れています。「真珠玉と呼ばれ、新梢が旺盛なところに分泌液が球状に固まる」とされていますが(小林和司著、育てて楽しむブドウ栽培・利用加工、P12)、英語ではGrape Pearl(ぶどう真珠)または、単刀直入にSap Balls (樹液玉)と呼ばれ、前者は宝石のような呼び名でなんとも美しい表現です。

 ぶどうを栽培して、初めてこれを見たときは得体が知れず虫の卵でも産み付けられたかと勘違いしました。改めてGoogle検索してみると、アイオワ州立大学の学外講座サイト内に、樹液玉に関する記事を発見、閲覧することができました。記事内容の使用許諾は必要ですが、記事へのリンクは歓迎するとありましたので、以下リンクを貼ります。

Grape Pearls – Weird sap on the vine
By Donald Lewis, Department on Entomology
https://hortnews.extension.iastate.edu/2009/6-3/grapepearls.html

 この現象が見られれば、私としてはまだ苗木として弱々しさは残るものの今後の成長がある程度保障され、挿し木または接ぎ木が成功した最初のサインと見なすことにします。発根した根が順調に伸び、新梢の先端までしっかりと樹液が上がるほどに根圧も高まっている証拠で、成長に必要なもしくはそれ以上の栄養分が成長点細胞に送り込まれ、余剰分が表面に分泌液となって現れると解釈します。

バイオダイナミック的にも、今は月が4月8日の満月に向けて満ちていく過程(しかも、なんとスーパームーンで月が1年で最も地球に接近する)※、つまり海の潮力も最大に増す時期で、すなわち地球上の水分が地上部へ引っ張り上げられるから樹液も自然と上昇し易い。それを狙って鉢上げを行ったわけですが、さぁこれからの成長がどうなるか楽しみです。

※「月と農業」中南米農民の有機農法と暮らしの技術、出版社:農山漁村文化協会(農文協)が大変参考になります。特に雨の多い日本では、ワインぶどうの収穫も、この本に書かれている内容・法則を理解し参考にすれば、より凝縮した果実を得ることができ、良い醸造につながるのではないでしょうか。

挿し木の出芽

3月8日(日)に挿し木したものが、出芽しています。発芽用の加温器や常温(22℃前後)でのセルトレーで試験栽培用の幼苗木発根・発芽を促すべく、今年は一足早い作業開始となりました。湿度・温度・培地水分に細心の注意を払いながらの毎日です。希少な穂木なので、枯らすことは絶対にあってはなりません。過加湿・過加水・過乾燥厳禁で、成長過程に合わせた条件バランスの取り方は、経験を積むしかないと思います。

今後、北海道を始めとする寒冷地のワイン葡萄の選択肢として新たに加わるかもしれない期待(希望)の星、ロマン、社運をかけた品種ゆえ肩に力が入ります。

容器等は次亜塩素酸で殺菌消毒し、穂木は殺菌剤浸漬・散布、培地は無菌またはそれに近いバーミキュライト、パーライト、川砂等をブレンドして使いますが、挿し木直後から芽が膨らんで葉や茎が出現する前後は蒸らし気味で管理しますので、どうしてもカビが生えがちです。無暖房の室内に置けば育苗容器内で結露してしまいます。今年は萌芽後も、24時間室温一定の居室に置き容器内外の温度差を無くし、更に中の空気をある程度対流させることにしました。
鉢上げ・新梢が勢いよく伸びるまで、手に汗にぎる気の抜けない日々を送ります・・・。

畑の巡回と穂木採り

カベルネフラン
カベルネ・フラン(Cabernet Franc)の芽が膨らんでいました(その1)
カベルネフラン
カベルネ・フラン(Cabernet Franc)の芽が膨らんでいました(その2)

接ぎ木作業が目前に迫っているため、台木が採取できる状態か畑の確認に行って参りました。テレキ5BBと5Cの一部は、雪が解けて取り出せましたが、それぞれ残りの半分とリパリア・グロワールドモンペリエは、まだ厚み10cmほどの残雪の下に隠れていたのでそのままにしてあります。

道路から畑に向かう道の途中、ふきのとうが芽を出していました。今年は去年にも増して、春が早くやってきているようです。今冬は雪が劇的に少なく厳冬期の積雪深は20cmほどでしたので、芽が寒さにやられ凍害が心配されます。ブドウ畑を巡回しながら、その影響を見ていたのですがカベルネ・フランの芽が少し動いているかな?という感じが、上の写真です。少なくとも多分大丈夫であろうという芽の状態を確認できました。

ところで、残念な発見もありました。この春から日当たり良し・風弱めで果樹栽培にはもってこいのエリアに定植を予定していたところ、近隣でソーラー発電のパネル設置工事がされており、防風林代わりの森林が思いっきり伐採され強風筒抜けの場所に変わり果てていたのです。これはブドウ栽培にとって、非常にゆゆしき事態。南東の季節風を遮り、南西斜面で太陽を思う存分浴びて、日中の積算温度を稼げる最高のロケーション(好条件)が失われていました。そもそも、その場所ですら開発用地として取得がなされようとしていたらしいのですが、地目が農地で農業委員会の許可が下りずに手つかずとなっていたところ。工事着工が先で、植えようとした私が後ではありますが、あまりの森林伐採ぶりに言葉を失ってしまい、ただただ茫然と立ち尽くすばかり。

昨秋、ぼうぼうに生えた背の高い雑草を何日もかけて一生懸命草刈りした労力が、水泡に帰したような虚しい気分でございます。

防風林としての機能だけではなく、野生動物の住処や炭酸同化作用による二酸化炭素の吸収、葉からの蒸散による冷却効果などを担う森林を根こそぎ伐採し、そこまでして電気を作らねばならないのか。電気が無くては、今の生活が成り立たないのは百も承知で、なんというかやり場のない怒り・悔しさと悲しみで、ちょっと落胆してしまった。開発運営企業殿には申し訳ないが、果たしてソーラー発電は本当にエコなのか!?原発がメルトダウンや吹っ飛んで放射能をまき散らしたときの危険度と比べれば、それは安心安全かもしれない。だがしかし、設置する場所を誤ればそれは単なる自然破壊でしかなく、周辺のエコシステムにまで悪い影響を与えてしまう。既に開発されてしまった場所、つまり工場の屋根やビルの屋上、立体駐車場などならわざわざ二酸化炭素を吸収する森林や草原を破壊し、無駄に化石燃料をたいて重機で造成などせずに済むはずである。だいたいソーラーパネルのリサイクル化はその後確立されたのだろうか?

北広島市には、国有林や市の自然保護林が多く残されています。ですが、市街化調整区域にある雑木林や長い年月をかけて堆積した貴重な表土が、ソーラー発電用地、土砂の採取、工業団地の造成などで結構失われているのではないでしょうか?産業誘致・開発許可を下ろす市にも、一言モノ申したいところです。環境アセスメントもへったくれもない。では、自分が住んでる住宅地は、どうなんだと言われてしまえば確かに反論の余地はりません。エリア的に野幌原始林という太古の森を切り開いて、宅地開発されたかもしれないからです。

いまさら文句を言っても仕方ありませんから、こちらが借りる圃場側にアオダモの木でも植樹して、無駄な抵抗をしてみようか(笑)と頭を切り替えました。アオダモは自宅玄関横に植えてあり、割と半日陰でも樹勢強くよく育ちます。これから穂木を採り苗木を育て、植樹する。なんといっても、アオダモは野球の木製バット材料ですから、ボールパークとも相性良く話題性もあるでしょう。

などと打ちひしがれて、おもむろにスマホのYahoo!天気アプリをタップしてみる。「むむ、私が現地に居た時間帯は南南西の風6メートルとなっている。通常、4月~10月に苫小牧方面から吹いてくるのは南東または南南東の風。ひょっとすると地温を奪う栽培期間中の風から免れるかもしれないが、それにしても・・・。

被覆植物(グラウンドカバー)

初冬の畑
2019年11月末頃、初雪に覆われた整備中の畑。

苗木畑では、2018年春に穂木を採るための母樹として醸造用品種と接ぎ木の土台となる台木の苗木を定植し始めました。2019年に引き続き2020年も品種の異なるワイン用ブドウを新たに植えてまいりますので、今後も管理する面積が少しづつ増えていきます。

面積の増加とともに増えるのが、草刈り防除作業の手間。この畑も、畝間は基本的に草生栽培ですが、在来・外来(帰化植物)の雑草は、放っておくととんでもない高さに成長するため、定期的に草刈りをしています。周囲で畑作が行われているのと、土壌微生物や有用昆虫への影響を考慮して除草剤は使いません。イネ科・キク科雑草、ギシギシ、ぺんぺん草、スギナ・・・実にいろいろ生えてきます。できれば草刈り作業は時間的・労力的にもなるべく省きたいものです。そこで、昨年は白クローバー(70%)、赤クローバー(30%)の割合で混播をし刈払機で根気よく自生の雑草を刈り込んでいくと、だいぶクローバー優勢の草生となってきました。

クローバーを選んだのは、根に菌根菌が集まり窒素固定をしてくれるマメ科であることと、白クローバーは草丈が低く、草刈りの頻度が低減するであろうことを狙ったのが理由です。

まだ何も植えていない整備中のエリアには、今年ヘアリーベッチを播いてみようと思います。クローバーに比べて、草丈が高くなりそうなのが気掛かりですが、すき込みによる土壌改良とある程度の長さで倒伏し土壌被覆及び根からの浸出液によるアレロパシー効果を期待して、セイタカアワダチソウなどを駆逐できればと思っております。