いちご苗の採苗、千秋楽。

お陰様を持ちまして、本日いちご苗(受託生産事業)の2021年度選果作業が無事終了いたしました。毎年参加くださる出面さんの皆様、労を惜しまず、段取りよく積極的に各役割を担当してくれる職員、そして主要お取引先であるホクサン(株)の種苗課の方々の手厚い育苗技術指導と支援により、今季も無事納品まで辿り着くことができました。改めて感謝と御礼を申し上げます。開始から9年目となる今年の豊作&円滑な仕事成功の秘訣は、やはり「基本に忠実に」であることと、掲げたビジョンとミッションステートメントに共感し理解を示し実行してくれる献身的な社員の協力のたまものであり、それ以外にありません。

規格毎に揃えられた良品苗
パッキング中の苗
選果小屋

スモークツリーの紅葉

オレンジ色に染まるスモークツリー

イチゴ苗の収穫が始まる頃は、初雪の季節でもあり、ほとんどの樹木は落葉している。ところが、今年の我が家の玄関横に植っているスモークツリーは、今まで見たことのないほどに、綺麗に紅葉しオレンジ色に輝いている。

実は、その前方に植えていたアオダモが昨年枯れてしまい、根元から切り倒したせいか、日当たり良く、葉にしっかりとアントシアニンが蓄えられたのが、このキレイな紅葉の理由かもしれない。人間も、今までパッとしないと思っていたら、急にスポットライトに照らされて、表舞台へ躍り出るときがある。そんなこともあるから、普段から地道にコツコツと努力を積み重ねて実力をつけておく必要がある。

夏のフワフワとした煙のような花だけでなく、金属的な風合いで、銅板のような渋い色合いの葉を愛でるだけでもなく、秋も鮮やかに染まるのだなぁと、初冬の週末夕暮れに、染まるスモークツリーの姿を感慨深く眺めていた。

笹刈り

今シーズン最後の休耕地整備。オオアワダチソウの駆除が終わり、笹藪の刈り込みに着手したのだけれど、なかなかハードな作業である。雨の多い日本において、笹は土壌流亡を防いでくれる点でとても重要な役目を果たしているのだが、いざ生い茂ったところを畑として再利用しようと思うと、刈り払うのにとても労力がいる。地下茎もしっかり張り巡らされているだろうから、刈り払ったあと、ある程度はバックホーなどで掘り返さなくてはならない。千島笹というのかな、茎の直径が1センチメートルほどで人の背丈以上に成長しており、刈り払い機の刃を笹専用のチップソーに換装して、ひたすら刈り込む。残りは、来シーズンに持ち越しです。

Basic Grape Lab

温室内で育苗中のブドウ若苗木に、強制的に果実を実らせ、果皮や果肉の色、大きさなど目視の調査を行った。その後、糖度・酸度を試しに測定。phは都合により今回省略している。この度、簡易ラボでは、基本的なデジタル計測器がそろい、今後のデータ蓄積と分析の準備が整いました。足踏み式接ぎ木装置や温床マットなども同室内に設置しており、小規模ながら室内で行うことのできる簡易分析や育苗関連設備を集約した設計となっております。

今回の調査では開花してから、ベレゾン(着色と軟化などの開始期)、サンプル回収時期までが極端に短いので、当該品種は酸が多い特性とはいえ、未熟果も含めて平均糖度20.4度(最大値は25度)。その時点での酸度は、酒石酸換算で、2.26%すなわち22.6g/ℓととんでもない数値となっている。簡単に言えば、とても甘く、とてつもなく酸っぱい。露地試験では、酸度を実用域の10g台前半に持っていく栽培管理が求められる。本試験は、来年以降へとつづく。本年度は、品種コンタミの調査が主であったので、上記の成分分析結果は、参考程度にとどめている。質はともかく、温室では、8月に余分な枝を剪定したあとも、新たに伸びた枝に果房が出現し放っておくと実がなるのです。俗に言う2番果というものでしようか。

Black chokeberry

アロニアジャムとパンケーキ

先日のクラッカーにのせて食べるシリーズの2回目。パンケーキにアロニアジャムをトッピングしてみてはどうか?という自らの提案というよりは、ほとんど思いつきにより実行してみた。

日本国内では、「アロニア」という名称で流通しているが、欧米とりわけ原産国の北米中西部・東部では、ブラック・チョークベリー(表題のBlack chokeberry )と呼ばれている。アロニアというのは、学名で(Aronia melanocarpa)である。本国でほ、食用の実がなる庭木という位置付けだが、生で食べると収斂味(渋み)があると解説されている。耐寒性に優れ、USDAハーディネスゾーンも3〜8と幅広く、湿った土、砂質から粘土質土壌問わず植栽が可能で、シュラブ状に育ち樹高も2.4メートルほどになることから、防風の生垣にも適するとのことである。根張りが良く、湿った土地にも耐性があるため、湿った傾斜地の土壌流亡対策としても機能するそうだ。

それでは、肝心のお味はというと、写真のように生クリームをかけ過ぎてしまった場合でも、さっぱりとした甘酸っぱさで、しつこくなく、実に美味しい。ホイップクリームと砂糖漬けしたジャム由来の甘さの後、あんずの風味が包み込む。決して野性味に富んだ渋くてワイルドな味とかではなく、上品でおしとやかな、優しい味わい、ブルーベリーのような派手さはないが、様々なスィーツの名脇役になれる可能性を秘めている。

小果樹アロニア

アロニアジャムの「ちゃんこいみ」をプレミアム クラッカーに乗せて、口に放り込む。ばりっボリッとクラッカーが音をたてて砕けながら、ベリーのような、あんずのような風味が口中に溶けながら広がる。それを、ブラックニッカ クリアのストレートまたはロックで、ゴクリとやってしまう。むむ!これは合うぞ。お世辞抜きに、めちゃくちゃウマイ!もしくは、普通に美味い!新しい発見である。

アロニアジャムは、ブルーベリーパイのブルーベリーの代わりや、パンケーキにホイップクリームと一緒にトッピングして食べても美味しいはず。そしてまた、メープルシロップとの相性はどうか?まずは、日曜日の朝食にでも試してみるとしよう。

スムース・アスター

北アメリカ原産(アメリカ合衆国東部、カナダ、メキシコの一部)のスムースアスター。社屋敷地内の隅に群生して咲いています。インスタグラムなどSNSを検索すると、軽井沢などでも見られるようで、主に日本国内の寒冷地に帰化した植物なのでしょうか?

セイタカアワダチソウやオオアワダチソウのように、園芸目的で輸入され繁殖したのか?はたまた、飼料用作物に混ざって持ち込まれ、自然発生的に増えてしまったのか。どなかたか、ご存知ですか?

砂利やコンクリート殼混じりの荒地でも、生きていける大変生命力に溢れた植物です。耐寒性もマイナス35℃まで大丈夫だそうな。

四季成りイチゴの採苗

苗ほ場

今年は、11月15日から採苗が始まります。

夏場の高温乾燥により、一時は培地の乾燥とランナー焼けによる収量低下が心配されました。寒冷紗で直射日光を和らげ、敷設された灌水チューブに加え、面倒でも株元に直接手灌水するなどして、なんとか乗り切ることに成功。苗の手入れは、社員の協力もあり、良い状態がキープされ順調に育っています。

今年の道内、この高温乾燥による影響で、作況は作物によって明暗が別れるようです。米、ブドウ、麦は豊作だが、根菜類は苦境を強いられた。イチゴ苗は、ハウス内で育てますから、施設園芸の利点で、灌水量や日射量、温度管理はある程度コントロールできる。でも、完璧な植物工場でない限り限界はある。

温室効果ガスの排出量削減は、地球規模の問題。そして、一人ひとりに、その責任がある。

葡萄ジュースを作る

手動クラッシャー

将来的な品種評価に備え、ベンチマークテストの基礎データ作りをしています。何をするかというと、畑に植えているブドウの果実を収穫し、果実糖度・収穫期・積算温度などの実測値を記録。味覚とリンクさせつつ数値として残しておきます。

9月26日に採取した露地栽培の山幸、ハウスで結実させたPinot Noir UCD5、トロリンガー、ポルトギーザー、レンベルガーを混ぜて破砕、搾汁。平均糖度は、20度。未収穫のシャルドネは、Brix 15とかでしたから、この後どんなに頑張っても20未満かなと過去のデータからも想像がつく。つまり、いろいろ試すことによって、良い悪いの指標が自分の中に出来上がります。

頭で理解して、体で覚える。そして、これら既存に流通する品種軍のデータをもとに、ポテンシャルのある別の選定品種と比較をし、優位性を確かめる。また、新しい栽培方法を確立させるとともに、実用性についての評価へと進んでいこうと思います。この試験ほ場での栽培データを元に、全道のどのエリアにまで新しい品種が植栽可能なのか、適性を見極めていくのです。

と言っても、最終的な結果が出るのに、あと数年はかかるなぁ・・・。

ちなみに、このタイプのハンドクラッシャーは、花梗まではきれいに取り除いてくれません。