接ぎ木ワークショップ開催

4月中旬、接ぎ木技術の習得を目的として、ワイン用ブドウ苗木栽培有志による接ぎ木ワークショップを開催しました。弊社は作業スペースと機材・消耗品など提供。有志メンバーの方は道内ワイナリーと友好的な人脈を持っておられますので、道央圏のワイナリー(ヴィンヤード)さんからワークショップ用に必要十分な穂木の調達、ご提供も頂きました。

ご報告が遅くなりましたが、接ぎ木作業の実施参加へのお誘い、作業や資材運搬に協力頂いた作業参加者の皆さま、視察に対応して頂いた生産者の方々、ご賛同頂いたワイナリー・ヴィンヤードの皆さまに御礼申し上げます。

以下、作業風景と接ぎ木後の苗を写真でご紹介します。
フィロキセラ(ブドウ根アブラムシの食害防止)への対策から、台木品種に欧州品種を接ぎ、活着・発根・生育状況を観察していきます。

 

台木選果
台木選果

 

台木吸水
台木吸水

 

OMEGAカッター
OMEGAカッター

 

使用資材のひとつロックウール
使用資材のひとつロックウール
穂木と台木が接合
穂木と台木の径をそろえ、まるで一本の枝のように接合します。この後、ワックスに先端部(接いだ部分)を漬け込んで保護します。

 
 

芽吹き
接ぎ木後数週間で芽吹き

 

芽吹き後の展葉
芽吹いて展葉後のポット植え接ぎ木苗

 
この後は、ハウスに移動させてさらに育苗します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です