四季成りイチゴ「すずあかね」の苗圃場

イチゴ苗圃場

今シーズン、とても天気が良いのはありがたいのですが日照りと高温による乾燥、すなわち潅水不足に気を付けなくてはならない年でもあります。

親苗床の培地が乾きだすと、潅水チューブでの潅水量を増やしたところで、なかなか水が行きわたりません。日の当たる株元はどうしても乾きがちで、根鉢もパンパンになってますから株元への手潅水を実施。それが呼び水となり、培地乾燥が一気に解消しました。

9月上旬も暑くなりそうとの予報です。ランナーの先端までしっかり水が行き渡るよう、潅水量は多めの設定で1~2週間様子をみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です