計測機器の設置 その2

土壌水分測定器(テンシオメーターまたはpfメーター)をハウス内育苗床に設置しました。新梢の断面形状が偏平気味なので、土壌の水分過多による徒長を疑い、データを取ってみることに。植え付け直後は、根がまだ浅いため、乾燥による枯死を恐れていたのと、定植時に培地が乾燥気味だったので、多めに潅水していました。(5月中旬~6月下旬)

phメーター
水分過剰の範囲に針が示す。ph値2.2くらいまで、潅水を止めるか?

土に中に手を突っ込んで、湿り気を肌で感じるのも大事なんですが、データの裏付けも必要と思い設置してみました。葉の状態を見れば、水が足りているのか大体は分かるものの、数値からは、やはり水分過多といことが分かり潅水量を減らす調節をします。ある程度根は伸びているはずなので、多頻度少量ではなく一定の間隔を空けて、まとまった潅水量となるよう潅水タイマーの時間を設定しました(徒長とコケの発生を防止し、根の伸長を促す)。
表面は乾いているようにみえても、土の中は案外湿っていたりまたその逆の場合もある。ちなみに、水分計の受感部は、20cmの深さにあります。生育初期・中期・後期(越冬準備まで)と徐々に土壌水分を減らしていく管理計画です。適切な水やりは、水道の節水にもつながります。

いちご同様、ハウス内のブドウの葉にも、早朝に溢泌現象(いっぴつげんしょう)といって、しっかり根から水分が吸い上げられていると、葉のギザギザの先に水玉ができます。さらに、健全な茎の生成に必要十分なカルシウム成分が吸収されていれば、カルシウム痕といって白い痕が水玉が乾いた跡に残るのです。これらの現象は水分過不足や栄養状態のバロメーターとなりますから、観察時の大事なポイントとしては見逃せません。

カルシウム痕

6月下旬ともなれば、ハウス内の苗木は生育安定期に入り、一安心です。新梢の支柱固定作業、副枝の剪定が、この時期の主な作業となります。なんというか、盆栽の世界観とも言うべき感覚でしょうか。誘引の手間はかかりますが、仕立ての良い姿は、見ていて気持ちの良いものです。。

根がしっかり張ると、枝の成長は著しい。
根が張ってくれば、ホルモン合成や細胞分裂も活発となり、新梢の成長は著しく良好となる。