ワイン用ぶどう苗木の冬支度

11/22日、まとまった降雪がありました。いちご苗の採苗が終わり、次は試験栽培中の園地でぶどう苗木の剪定・雪の中へ枝を寝かせる枝ふせをして参りました。夏用長靴では、さすがに寒くつま先がかじかんできます。寒く冷たい。

花房を取り忘れて果実ができてしまったシルヴァーナーの苗木

5月に定植した苗木全てを見回りながら、越冬できない緑色の新梢を切っていきます。醸造用ブドウ品種118本+台木品種13本の合計127本です。剪定するのはほとんど緑枝の部分で、登熟した(茶色く木質化した部分)の切除はあまりありませんでした。1年生のものは、メルロー。2年生のものはツヴァイゲルトレーベなどごく一部わずな本数の苗木で余計な登熟枝の剪定にとどまりました。

というのも今年2018年は、6月~7月の長雨&低温という決して好ましくない気象条件ということもありましたが、知識と技量不足から植え付けの際5月の乾燥した冷たい風に芽を当ててしまいました。

植え付け前の4月下旬ともなると、苗木が萌芽してしまい(室内でも比較的涼しい場所でしたが)、慌てて準備した圃場に5月1日に植えたのです。土で全体を覆っておけばよかったものの、恐らくこの定植前後の処置が初年度の成長度合いに悪影響を与えてしまっと考えます。
もしくは、ここ北広島市輪厚に近い富ヶ岡という地理的気象条件が大きく影響を与えるものとも考えますが、まだデータ(気象・土壌物理性・土壌成分の化学的根拠など)が十分に取れていないため、原因の特定には時期尚早です。まずは、来年の定植時は焦らず基本的なことに気を付けます。

こちらも花房摘除を免れたツヴァイゲルトレーベの果実

メルローは、他に比べ萌芽が早い時期に始まる品種で、遅霜が発生しやすい寒冷地には適さないとされています。確かに新葉の展開も早く、言われてみればなるほどそうだなと思いつつ、しかしながら定植後の新梢の伸びやその登熟具合がよく、意外とイケるのでないか・・・と淡い期待も抱いてしまいます。

程よく登熟したメルロー苗木

程よく登熟したといっても、緑枝部分を切り落とすと枝ふせできるほど伸びていない・・・。地際の雪面から上10cmは台木部分、その上50cm前後は春から伸びた登熟新梢です。来年に期待しよう。

実は先月、登録参加している北海道十勝振興局主催の十勝ワインアカデミーのセミナーで、まずは園地の温度測定を!という教授イチオシの一言が頭にこびりついていました。ニューヨーク州コーネル大学農学部ブドウ栽培エクステンション講師のハンズ講師のプレゼンテーションはとても興味深く、耳をダンボのように広げて聞いていた次第です。カナダ国境近くに広がる氷河が形成したフィンガーレイクス周辺のワイン用ぶどう栽培についてお聞きしたわけですが、寒冷地でのぶどう栽培ということで、緯度的にも気候的にも北海道と近いところの事例を学べたことは大変有意義でございました。研究データを地元の生産者にフィードバックしたり、より良い栽培技術を普及するなどして産地をサポートするアカデミックな体制は非常に重要だと思います。

さて、講義の中でまずは畑作りをする前に園地の気温データをデータロガーなどどで取りなさいということでしたので、もう植えてしまった我がぶどう畑に慌ててて設置。冬の最低気温を測り、品種によって凍害になるかならないか、結構越冬できるかも?という不安と期待混じりの勢い任せの栽培体制からデータに基づくサイエンティフィックな方式に変えていきます。ということで、温度測定器をぶら下げてまいりました。寒風・吹雪に晒される地上部と雪の下に埋もれる枝部分に設置。

日射の影響を受けないようデータロガーにプラスチックのカップをかぶせる。

マイナス気温がどこまで記録されるか、楽しみです。でもあまり下がり過ぎると楽しみでなくなりますが。また夏以降、シカによる新葉・新梢の食害が結構あったため、来年はその対策として電気柵を立てる予定です。

いちご苗の採苗完了

11/19(月)、お陰様でいちご苗(すずあかね)の採苗作業が完了し、全ての苗数を種苗メーカー様へ納品いたしました。苗床からの堀上げ、葉や茎を切除する作業にご協力くださいました皆様、ありがとうございました。11月としては、比較的暖かい気温でしたが、お疲れ様でした。
スタッフの方は、北広島市内・近隣の南幌町から多くご参加されておりますが、今年は札幌市の中心部に割りと近い区域からも、お越しいただきました。北広島で農業生産をするメリットして、大都市圏札幌や北広島などの人口集中地区から人手を確保しやすく、南幌町や江別市からは農業者の方で収穫を終えた方に短期的にお手伝いいただけるなど人材確保の点で非常に魅力的です。

採苗作業を終えた作業小屋

雨にも負けず、日照りにも負けず。ブドウ畑のその後

7月、雨があまりにも毎日降り続くので畑に出られません。
雨の予報を天気予報で確認し、ぎりぎり晴れ間があった日にエンジン式刈払り機で雑草を刈りました。それから数週間、梅雨前線が北海道付近に停滞したため梅雨空が続きました。降るわ~それにしても降るわ、カビてしまうのではないかと思うほど、雨が降り続きました。苗木を植えたばかりで、培地が乾かないのはよいのですが、それにしても降り過ぎた。そんな雨続きでも、ブドウ苗木が植わっている園地内や畑の畔は、草がどんどん伸びてきます。

エンジン式刈払い機もあるのですが、会社から畑までの移動もあり毎回燃料(混合ガソリン)をもってくるのも面倒で、静かな圃場にエンジンが鳴り響くのも騒々しく好ましくない。そこで、マキタのバッテリー式刈払い機を購入。リチウムイオン18Vの6.0アンペア大容量バッテリー!1時間以上持ちます。イネ科・広葉雑草を、ギュインギュイン刈っていきます。切れ味最高です。草刈りが楽しくなりそうです。まぁ、刈った後の地面を見て、達成感というか爽快感が疲れを癒してくれるというのが正しい感想なのかもしれません。でも、エンジン式と比較して振動がないので、手や腕のしびれが皆無。これはよい。

やっと支柱に品種ラベルを貼付ました。かっこいいでしょ?ワイン用ぶどう品種と接ぎ木苗なので何の台木が使用されているかも明記しています。

四季成り性品種のすずあかね、生育の遅れ取り戻す

夏~秋に果実が収穫できる四季成りいちご(ホクサン株式会社が開発し品種登録されている・苗の販売も同社)の“すずあかね”。北海道のご当地チョコレート菓子の原料として使用されたり、先月(2018年7月中旬)は3回に渡り、日高管内浦河町で奮闘努力増産に取り組んだ生産者の紹介記事が北海道新聞に掲載されました。

当社では、すずあかねの苗を受託栽培しておりますが、実取り(果実を栽培し出荷する)生産者の方が活躍される記事を見たりすると、なんだかとてもうれしい気持ちになります。苗づくりは地味かもしれないけれど、みなさんのために頑張ろう!みたいな。札幌の地場企業や東京では大手洋菓子店のケーキにトッピングされるなど、実は結構業務用として流通している”すずあかね”。そんなイチゴ産業を影で見守り支える育苗業者として、これからも活きのいい苗を生産してまいります。

さて、今年は6月下旬~7月中旬に梅雨前線が北上し停滞したことから、日照時間も大変少なく、気温も極めて低い。光合成植物にとっては悪条件が重なりました。しかしながら、7月中旬を過ぎると夏の強い日差しが照り付け、気温もグングン上昇!一部徒長気味だった子苗も、生育遅れを取り戻しつつあります。ところで、育苗をしていると、実を成らせないために花を摘み取る作業をするわけですが、どうしても気づかずに真っ赤に美味しく熟してしまう子達がいます。

何が言いたいかと申しますと、完熟に近い状態でお口に放り込みますと、このすずあかね、めちゃくちゃ甘くて美味しい!市場に出回るものは流通上、早めに摘み取り出荷されるため固く酸っぱいようですが、9割ほど熟したら本当に甘い。糖度が限りなく高まった状態で収穫して、何かスィーツでも開発しようかしら?と思ってしまいます。限りなく甘ければ、生食でもいいですね。いずれ、当社でも果実を生産して、ジェラート屋さんとコラボして、ご当地スィーツ作りでもしちゃったら、と軽い気持ちでも夢はデッカく膨らみます。

苗木畑にそよぐ風

6月19日、試験栽培中のブドウ苗木畑では支柱の打ち込み作業がほぼ完了しました。圃場のBGMは季節感たっぷりで、気がつけば、辺りに響いていたカッコウの澄んだ鳴き声はセミの合唱・ウグイスの清らかなホーホケキョ、軽快なリズムで若干ポップな鳩の鳴き声といった野生の生き物が奏でるオーケストラへと変わってきました。

5月上旬に植え付けた苗木も萌芽を経て、葉を伸ばし始めました。今後は、下草の雑草管理と芽かき、竹の支柱への誘因、ワイヤー(番線張り)など順次進めていきます。


鮮やかな黄緑の葉が空に向かって伸びるメルローの苗木。

接ぎ木苗を作るためには、台木とそれに接ぐ穂木が必要になりますがその穂木品種を今春は12種類ほど植えました。来年は更に11品種新たに定植をします。

白ワイン品種(内は台木の品種)
1. バッカス(5BB)
2. ミュラートゥルガウ(5BB)
3. シルバーネル(5BB)
4. シャルドネ(3309)
5. ソーヴィニヨンブラン(5BB)
6. ピノ・ブラン(5BB)
7. ヴィオニエ(5BB)

赤ワイン用品種(内は台木の品種)
8. ツヴァイゲルトレーベ(3309)
9. ドルンフェルダー(5BB)
10. ピノ・ノワール(SO4)
11.メルロー(5BB)
12. カベルネソーヴィニヨン(5BB)

前回も書きましたが、北海道は寒冷地ゆえ耐寒性の強い台木が必要とされています。数字とアルファベットの組み合わせが品種名として使われており、これについてはアメリカの野生ブドウを掛け合わせ、その際のコードネームが残っているからか?

日本国内でも主要な台木とされているベルランディエリー種とリパリア種の掛け合わせで乾燥への耐性が強い5BB、耐寒性と耐湿性に優れていることからとりわけ道内では5C、火山培土に適して早熟性質の101-14などいずれも矮性・耐寒性が特徴なものを主体に育てていこうと思っています。その他の種類も興味本位で定植をしました。台木については、すでに詳しい解説が専門書で詳しく解説されておりますので、それらをご覧いただくこととして、土壌(石灰岩質、火山培土、砂壌土、湿り気のある)・気候(乾燥、湿潤)・矮性にする、発根の良し悪しなど実に奥が深く、その土地・気候風土にあったセレクトが醸造用ぶどうの生産性に大きく影響するものと解釈しています。本来は、1800年代に欧州のヴィンヤードに壊滅的な被害をもたらしたフィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)の食害耐性対策として研究・採用された技術ですが、災い転じて福となす、劣悪な土壌環境や過酷な気候下において栽培の可能性を広げるなどワイン産業においては大きなイノベーションとなったのです。1970年代のアメリカ・ナパバレーでも、後の調査で分かったことですが、フィロキセラ耐性のない品種を用いていたことで、被害は広範以に及び経済的にも甚大な被害をもたらしました。

欧州ぶどう品種(vitis vinifera)を植える際は、必ずフィロキセラ耐性のある台木に接ぐことが必須です。

5BB、5C、101-14以外にも
420A
SO4
110R
99R
161-49
3309
St.George(セントジョージ)を定植。

当圃場では、計10種類の台木品種を露地植えし、成長の過程を記録しながら増殖と安定生産にどう結びつけるか観察と育苗、研究の日々を送っています。

Kitahiroshima Backyard Nursery 農場長

ワイン用ぶどう苗木への挑戦2年目

挿し木作業の始まり。

2018年3月上旬、外はまだ雪景色の北海道北広島市。
昨年室内で育てた台木の結果枝を12月に剪定し、その剪定枝を乾燥しないようポリ袋に入れ凍結しない冷所で保存していたものを使います。薬液消毒したのち挿し木にしました。品種は、5BBと101-14。土中分解する天然素材ポットを加温器にセットして発根を促します。

約1ヶ月ほどで萌芽しました。マッチ棒のようです。

4月、5月とその後順調に成長し葉も3枚4枚と展葉してきます。

今年2018年は、露地での栽培試験をスタートしており醸造品種10種類、台木品種も10種類ほど定植いたします。穂木を採るワイン用品種については最終的に23品種選定しましたが、耐寒性の点で3品種ほどは枯死するものとみています。一方、台木については、耐寒性が甚だ強く耐湿性もある5Cが道内では人気のようですが、もっとも普及しているとされる5BBやその他の品種についても定植後の生育経過を検証しながら、接ぎ木、定植、ウィルス検定、増殖と段階的に進めて参ります。

露地栽培の畑は、北広島市内の水はけのよい火山灰地をベースに多腐食性黒ぼく土が分布する地域を選び、定植試験しています。夏場は風が弱く、冬期も比較的温暖(市内でも冷気の影響を受けにくい)な地です。夏に太平洋・苫小牧方面から吹き込む湿り気のある南東の風、内陸性特有の朝晩の気温寒暖差が大きい気象条件など気になる点があるものの、果実ではなく苗木の栽培地としての可能性を見いだせないか、それを探る1年となります。

良い方向に転んだとすると、今後の北海道のワイン産業を支える一助となり、苗木供給のパイオニアという大志を抱いた以上、少しでも早く道内で自社畑を所有するワイナリー、ぶどう生産者の方々のお役に立てるよう努力してゆく所存でございます。よろしくお願いいたします。


露地定植した中でも、バッカス他いち早く萌芽展葉したメルローの苗木。


こちらは、台木品種のリパリア グロワールドモンペリエ。火山培土に最も適した品種だそうですが北広島の火山培土質にはうってつけ?一緒に植えた5Cより10品種中、もっとも葉の展開が早い。

Kitahiroshima  Backyard Nursery produced by Hokuzen Co.,Ltd

イチゴ苗の採苗と納品が終了

今年の育苗期間を振り返ってみると、6月と8月の低温&日照不足、7月・9月・11月上旬の一部が高温という大変いびつな気象条件だったように思えます。

親苗の定植時、コンテナへの培土充填作業と設置時期を早く済ませたため、
5月下旬のハウス内高温下のおいて、緩効性肥料の溶解が定植後の肥料焼けを引き起こしたと推測。7月中旬は、いきなり暑くなったり外的要因もあったかと思いますが、定植前後の人的要因も採苗本数の低下につながったと考えます。

出来高としては、過去5年間では最低株数であり最も不作の年となりました。次年度は、定植段階から、基本に立ち返り今年の問題点をしっかりと省みて対策をします。私としては、育苗期間中の手入れに余念なく出来る限りのことをしたつもりでいました。防除、追肥、潅水管理、ハウス内温度管理etc。しかし、なんぼ気象条件に左右される仕事とはいえ、悪条件が重なったとしても結果が伴わないということは圃場管理者である私に責任があるわけです。

一方、納品する苗の品質はとても良く根の長さやボリュームも充分です。9月以降の育苗管理を過去の教訓を生かして、これでもか!というほど手厚く育てました。でも、それでも来年はもっとここをこうしようとか、まだまだ改善点はあります。

収穫した苗を処理する施設も、木製の小屋を新設して従来のスーパーハウスから比べると格段に良くなりました。カフェ風の納屋というコンセプトで、作業スペースと物置を兼ねる空間を考えて作り上げました。広く快適になったことで、作業効率も上がりスタッフの方からも喜びの声が。休憩時間に、余裕もってコーヒーを飲んだり休める空間があるのは良いものです。モチベーションのアップにもなりますしね。

晴耕雨読といきたいところだが農薬散布

朝から結構強い雨が降っています。このブログやFBを覗いていただくと農業園芸が本業と思われるかもしれませんが、本業は構内荷役作業の請負です。関連事業として、実験的に生産園芸活動をしています。

さて、毎年天候が違うと感じます。今年の6月は寒かった。4月上旬の気温並み。。。とか7月に入ればいきなり30℃を超える猛暑日の連続。人的要因・自然天候型要因などいろいろ組み合わされて、その結果作物は成長の度合いを目の前に突き付けてくる。天気(気温・日照)とか培土の詰め方、時期、水やり、肥料の効き具合が今年はこうだったから、私たち(イチゴの苗)は今これくらいの伸び具合なのよ…と

よし、まだまだ挽回の余地はある。収穫まで頑張ろう。

明日からまた暑くなりそうなので(予報によると)、涼しい今日のうちに農薬散布をやってしまいます。天気とにらめっこしながら作業の優先順位を決めて(変えて)いく。農業は結構頭脳プレイなのです。芸術的でもあり科学的でもある。


農薬散布用のホースも、洗ってまぁキレイ。道具の手入れも大事です。地面は防草シートを張ってありますが、散布時はズリズリ引き回しますから、泥やコケやら汚れるんですよ。

防除タンク(農薬を入れてよく混ぜます)

手前は防除機。モーターポンプ式の散布機でございます。ビニールハウス内に置きっぱなしだと、暑さでゴムパッキンやその他劣化しますので作業終了後は必ず涼しい物置などへ格納します。

ワイン用ぶどう苗木、その後。

ナーセリーポットで養成中のぶどう苗木、6月上旬の様子。台木も穂木をとる品種も、日に日に伸びていきます。夏に向けて陽が高くなるので、研究室内の屋内栽培では光量不足になるかもしれません。今年は、圃場の準備が間に合わず、とりあえずの試験栽培ですが、次年度では苗木養生用の畑、温室の準備が必要です。