ブランディングについて(うちの場合)

今日は、久々にホイールローダー(除雪車)に搭乗して作業をしましたが、よい気分転換になりました。

さて、うちのブランドはモノでもコトでもない。ヒトです。

当社には、有形物としての商品ブランドはありません。それは、モノではなく役務提供(業務請負)というコトが本業だからです。広義のもと客観的に自社を観ると、ストックビジネス(フロービジネスに対して)をしていて、下請けというよりはむしろお客様の会社の一部業務を請け負っているので、協力会社という位置づけになります。

会社概要には、生産園芸、ノンアセット型の3PL事業と書いてあります。そして、Webサイトのindexページ(ホームページ)のメインビジュアルは、弊社のいちご畑。主力が、構内荷役という業務請負にも関わらずです。それはなぜか。

荷扱の対象が育苗培土、農薬といった農業資材ですが、それはお客様(荷主)の商品です。作業するスペースもお客様側の敷地や設備だったりしますから現場は勝手にオープンにできません。フォークリフトとか除雪車の写真を撮ってをただ載せても面白くない。もちろん、うちの社員の対応、操作技術は素晴らしい。仕事熱心で機転も利くし、細かことにもよく気がつく。それゆえ、お客様からの信頼も厚いです。人が商品で、一人一人がブランドという考えが、ぴったりな会社です。本業に限っていうならば、そういった内容をイメージ化するのが正しいのかもしれません。

しかし、私は既存の事業から発展もしくは派生させた会社の新しい価値を創造したかった。では、Webサイトトップのメインビジュアルとしてブランドイメージとしてどう表現するか。
手っ取り早く農薬メーカーの協力会社だから、そこを軸足に多角化した事業のひとつである種苗生産現場を選びました。また、一般的に分かりやすいと思ったからです。

いちご苗の増殖(育苗)は、今のところハウス一棟のみで、売上・利益ともに会社を支える事業としてはまだまだ発展途上。でも、生産者のひとつとして誇りをもってやっています。自社の土地で自社農園設備。アグリビジネスへの第一歩としての試金石のようなものです。このブログのサブタイトルも、「郊外型アグリビジネスを創造する」としました。おそらく、これが当社のビジョンにあたり、私が会社をそうもっていきたいという「思い」です。

話がいろいろ横にそれまくってますので、本題に戻ります。当社では社員一人ひとりがまさにブランド。Aさんの魅力、Bくんの人柄、話し方、お客様への態度、言動、表情、段取りなどの現場対応力が、商品であるヒトに直結!社員がお客さんから直接感謝の言葉をもらえるレベルを目指しましょう!これから現場は、繁忙期を迎えますので、そんな意識で楽しんでみてください。(って思いっきり社内メッセージだ、これ)

それでは皆さん、素敵な週末をお過ごしください。

あばら家

おはようございます。風邪ウィルスが、私の免疫システムと戦っております。状況を申し上げますと、我が軍勢が優勢の状況。若干のダルさは、否めないものの、なんとか大丈夫そうです。
今朝は、栄養ドリンク1本・スポーツドリンク2リットルを買いましたので、これでやっつけたい。水分補給とのどの粘膜潤し作戦、私の場合これが一番効きます。そして夜はひたすら寝る。一昨日試したのは、ウィスキーをキレートレモンで割ってグイッと飲む。効果のほどは・・・分かりません。

昨晩は、体を休めるため早く寝ればよいものの、スティーヴ・ジョブズの映画を見てしまった。風呂上り、体が温まったのかちょっと調子が良く感じたものだからと。氏の没後、出版された自伝(上下巻)を読んでいたので、登場人物やストーリーにはすんなりと入っていけました。

アップルコンピューターとして紆余曲折ありながらも、世にその名を知らしめ始めた頃から物語が始まり、iMacの発表プレゼンイベントで幕は閉じる。評論家ではないので、気の利いたコメントは申し上げられませんが、世にあれだけのイノベーションを起こすということは生半可ではない。もはや執念というべき、あれだけの情熱で回りを巻き込み、ときには多くの反感を買い、自分の会社から追い出されるという激しい生き様。家族や仕事仲間は、さぞ大変だったのだろうと思う。しかし、そこまでしなければならない、そこまでしてしまうパワーにはただ圧倒されるばかり。

さて、いきなり現実に戻ります。昨日弊社の遊休資産となっている工場建屋(あばら家)について書きましたが、現在解体の方向で話を進めています。

社内事情を書くのはどうかと感じる方もおられると思いますが、特に知られて困るもんではないものは公開したりする。このブログは、名刺みたいなもの。もちろん、お客さんとの守秘義務的なことはNGですが、経営者や社員の顔が見えない会社というのは、どうも胡散臭い・もしくは息苦しさを感じます。現在・将来のお取引先や社員との関係構築、採用にも有利だと思っています。最近、なぜにやたらとフェイスブックやブログ記事を書いているか?それはまた機会のあるときにお話ししようと思います。

さあ、今日は花の金曜日(表現が古いか?)。週末休みの人も、そうでないひとも楽しく頑張っていきましょう!あたしは、風邪気味なのを一刻も早く治します。

風邪か?

おはようございます。

昨晩から喉の調子が、少し変です。嫁ものどに違和感があるとのことなので、ひょっとしたら、先週末に発熱した娘のインフルエンザとおぼしきウィルスが我々の喉を攻撃しているのか・・・。

TSUTAYAで借りてきたAppleの創設者を題材にした映画、「スティーヴ・ジョブズ」を見ようと思ったが、気力がなくてやめた。体調が回復してから観たいと思います(返却期限までに治す)。

のどがやられているときは、20分おきに水を飲むか、うがいをすると良いそうです。粘膜で増殖しようとしているウィルスを洗い流せば、炎症が抑えられるということのようですが、20分が肝のなのでしょうか。飲んでしまえば、胃酸で滅菌されるし、うがい薬で殺菌するかのどちらか。楽なのは、水などを飲むのが水分補給にもなるし一石二鳥ですね。今日の私は、後者を選びます。

さて、弊社には200坪ほどの使われていないおんぼろ工場(建屋)があります。下屋部分を入れれば、300坪ほどの空間と敷地が遊んでおり、しかも固定資産税や一応火災保険もかけておりますので、当然費用が毎年かかります。もともと中古物件ですが、年月を経て劣化が激しくなってきました。一部損壊の恐れもあり、数年前から近いうちになんからの手を打たないとマズイなと考えておりました。工業団地内とはいえ、景観上もよろしくありません。

その1.解体
その2.カッコよくリノベーション
その3.放置

そのいずれかですが、その3はないな・・・。

できれば、鉄骨骨組みはしっかりしていますので、リノベーションして利用価値を高めたいところですが、その構想には至っておりません。準工業地帯なので、商業施設は許可がおりませんし、コンビニすら営業できない地域です。オフィスか生産設備としての役割を探ったこともありました。あるとき、植物工場に変身させたいと思ったことがあります。しかし、投資額や採算性などの事業化を検討する余裕や情熱がなかった。とある岩見沢の植物工場が、黒字化するまで3年ほどかかった、という記事を見たことがあり、うちの手持ち資金だけではとてもじゃないが、持ちこたえられないという消極的な心理状態。

ちょっと離れた事業場で、イチゴ苗の増殖をやっておりますが、そこと離れると職員が分散して労働力のシナジー効果がなくなってしまいます。これについては、まだあきらめたわけではないのですが、現在凍結しています。

書き始めたら、次から次へと思いが膨らんできてタイピングが止まらなくなりました。

とりあえず、今日はこの辺で。

みなさん、今日もよい1日をお過ごしください!

なんとなく春

みなさん、こんにちは。2月になっても、札幌近郊(A suburb of Sapporo)は少雪傾向です。昨年末のドカ雪&1月の低温で、積雪量はそれなりにあるのですが、あまりまとまった降雪がここ数週間ありません。雪かきをしない分、体は楽ですが、カロリーとお腹に蓄えた脂肪が消費されません(笑)。

札幌雪まつりも終わり(今年も行きそびれた)、山でもしっかり降っているようですので、冬のイベントやレジャー施設にとっても問題なさそうです。プライベートでは、あと何回スキー行けるかな・・・なんて思いを巡らせています。子供がまだ小さいので、大好きな氷上ワカサギ釣りはここ何年も行っていませんが、北国の冬は長い。なので、いかに冬場の生活を(仕事もですが)楽しむかが大事だと思うんです。そんな雪に閉ざされた季節も、2月中旬を過ぎるとマイナスの最低気温がちょっとづつ零度に近づいてくる。雑木林の樹々の根本の雪が解けだしてすり鉢状になってくると、あぁ春になりつつあるんだなぁと感じる次第であります。


(1月3日頃。って文脈に沿った2月の写真ないのかよ!)

さて、最近の仕事習慣として、一週間毎に目標を一つ決めて取り組んでいます。前もそんなことを書いたような?とにかく締め切りをもうけて、取り掛かる。(当たり前か?)何ヶ月もの長いスパンで、その中にいろいろやらなきゃかいけないことを放り込んでおくと、次々と課題・問題が発生して、どんどんToDoリストが塗り替えられてしまいます。結局、ずるずるといってしまい完成度の低い仕事になってしまう。小さい達成感を得て、仕事のモチベーションアップにつながるようにするには、やはり一週間単位でのスケジューリング、目標設定は私は効果あると思います。考えてみれば、世の中多くのことは一週間単位で組まれていますよね。ゴミの収集日、学校の時間割などもそうでした。

というわけで、
先週は、賃金待遇改定に関する検討ウィーク。(数字の決定が伴う)
今週は、大きな契約のお見積り作成ウィーク。(数字の決定が伴う)
次週は、第26期の経営計画書の策定ウィーク。(数字の決定が伴う)
おおぉ、すべて数字で成果を出さなくてはならない。
数学苦手だった私、頑張ってるなぁ・・・(泣)

しかし、半年である程度の方向性を示したい新規事業については、週単位でのアクションプランへまだ落としておらず、気が向いたら書籍や資料に目を通したり、事業に対する思いを馳せているレベルです。夢を追っているのか、ほんとにやりたいのか、事業性はあるのか(顧客の想定、利益、技術はどうするetc)未知の部分が多い状態です。

経営については、知識を得ても実行(チャレンジ)がまだまだ足りない。ビジネス書籍を読むのは好きなのですが、これまた頭の悪い私は理解に時間がかかる。読んでマーカー引いて、付箋をつけて分かったつもりにだけはならないよう、実践を伴っていきたいと思います。
しかし、幸いマネジメントについての資質は、備わっている!と思い込んでいます。以下P.F.ドラッカー氏著、マネジメントより一部引用。

”マネジャーにできなければならないことは、そのほとんどが教わらなくとも学ぶことができる。しかし、学ぶことのできない資質、後天的に獲得することのできない資質、始めから身につけていなければならない資質が、ひとつだけある。才能ではない。真摯さである。”

それでは、良い一日を。Good afternoon!

ベンチャーキッズ事業、無事終了!

昨年末から部員となっている商工会の青年部。定年が45歳まで延長されたとのことで、私もあと5年間は青年でいられる(爆)。今まで会社のある地域でのボランティア活動というのは、これといって何もしてこなかった。サービスや製商品の提供や雇用の創出といった企業活動を通じて、地域に貢献するのが公器としての会社の役割。しかし、それだけでは不十分で、利害関係のあるなし問わず事業者同士無償の協同作業は、地域の友好的な人脈構築形成はもちろん、とっても清々しい気分になれる。もちろん、会社がしっかりと適正な利益を上げていて気持ちに余裕がないとできない。また、時間を作るだけの物理的な余裕もないと参加できない。

イベント終了後は、心地よい疲労感とやり遂げた感で一杯です。事前打ち合わせは、3回という限られた時間での準備。子ども達と運営した1日限りの商売体験であったが、互いによいお勉強になりました!

それにしても事業計画の段階で、商品メニューの選定は重要だ。売価と原価のバランス、場所や季節柄売りやすいものと売れやすい価格設定を考えれば、増収増益につながる。

経営計画

26期の経営計画書を作成中。多角化経営者クラブの開催前、空き時間を利用して、課題の問題とかどうしようかこうしようか検討しています。弊社では、計画書を作成しはじめたばかりなので、私も素人。職長の皆にとっては、記載されている数字など実感すら湧きにくいと思う。でも、情熱は伝えたい。次回の職長会議の議題のひとつとして、各職場の課題をまずは整理したいと思います。課題新しく表紙の背景に羅針盤を透かしてみた。

棚卸

今日は、圃場の小屋(カッコよく言うと、管理棟)で農薬の棚卸しをしています。今年、使用するのに不足するものを農協さんに発注しますが、無駄なく購入するため、まずは昨年の使用残を計量したり、目分量の場合もありますが残量を記録に残します。

パソコンのエクセル在庫表に入力するのですが、年間の使用量を対比参照できる仕組みにしましたので、不足分=発注量が一目瞭然です。いざ、使おうと思ったら買ってない!とか間違って毎年余分に買ってしまうというミスを防ぐことができます。たとえハウス1棟でも、どんぶり勘定はいけません。損益計算をするのに、資材費は、人件費の次に大きなウェイトを占めるからです。

ケースに収納されている農薬の銘柄は、アイウエオ順に並べて取り出しやすいようにしています(時間の短縮)。やっぱり、仕事は環境整備が大事ですなぁ。

苗木ビジネス

先日の投稿で、具体的な事業については次回にと言っておきながら直接は関係のない話をしてしまった。さて、当社が今後に向けて取り組むのは、新たなる「苗木ビジネス」への挑戦である。今年は、事業化に向けての市場調査や技術的な下調べを実施します。しかも発展性のあるビジネスモデルを開発すれば、飲料製造(醸造)やカフェ、レストラン、ホテルなどアグリツーリズム的な展開も視野に入れることができる産業分野である。自社も経営的に安定し、他社とコラボレーションしたり、新しく雇用も生まれる。敵対的ではない、互いに補え合える事業者とだって共存できるかもしれない。現段階では、まるで夢のような話かもしれないが、実現させればすごいことになる。しかし、夢だけでは食えないので、地に足のついた事業計画が必須である。でも夢やロマンのかけらもないと面白くもないのである。

ベンチャーキッズ事業 第2回目の児童会議

昨日、1/15(日)は午前9時から正午まで第二回目の座学&ワークショップ形式の児童会議。事業計画・お店の宣伝ポスターやPOP作りをやりました。(商工会青年部の事業)

段取りや、指揮進行というか、今日は何をどこまで決めて完成させるのかを明確にし、時間配分と役割を決めて計画的にやらないと時間までに終わらない。これは大人の世界もおなじ。今度の日曜日(1/22)が、最後のミーティングとなるので、テンポよく進めたい。絵を描くのが好きな子、計算が得意な子、文章が上手で自分の意見を言える子、仕入れ原価をもとに利益計画(儲け)や商品の単価を決めるのに目を輝かせていた子。児童の気持ちがノッてきた!

ふれあい雪まつり(北広島市総合体育館横)
2月4日(土曜日)開催